寝ている子どもの見守りに!オススメのベビーモニターを紹介!

小さいお子さんを寝かしつけたあと、寝室を離れてリビングで何かをしたい時、子どもが起きたりしないか心配ですよね。

もし、寝返りをうったときにベッドから落ちたら…

子どもが目を覚まして泣いていても、声が聞こえなくて気づかなかったら…

目が離れている間もずっと気になってしまいますよね。

そこで便利なのがベビーモニターです。



目次

【こんなベビーモニターを使っていました】

我が家では子どもが小さかったとき、このモニターを使っていました。

↓↓↓

【レンタル延長1ヶ月】ベビーモニター 日本育児 デジタルカラー スマートビデオモニター ベビー用品 【レンタル】

価格:1,100円
(2022/8/17 11:27時点)
感想(0件)

↑↑↑

ただ、上記のリンクは、レンタル延長専用のものなので、デザインを参考にする程度にみて下さい。

表示はレンタルとなっていますが、当時(8~9年前)は購入のみだったので、アカチャンホンポで購入して使っていました。

Wi-Fiなどのネット環境はいらない無線タイプのものでした。

家は寝室が2階だったので、寝室にカメラを置いて、リビングにモニターを置くという感じでした。

カメラの向きは手動で決めます。上下のみです。赤ちゃんの姿が見えるように左右の向きを考えて置きます。

2階の寝室と1階のリビングで電波も十分届きました。

カメラにはマイクがついていて、赤ちゃんが声を出したり、物音をたてたりすると反応して、モニターにブザー音で知らせてくれます。

その時、子どもが起きていればすぐに駆けつけられるし、何もなければそのままです。

カメラ、モニターともにマイクがついているので、向こうの声も聞こえますし、こちらから声をかけることもできます。

赤ちゃんなので、マイクでやりとりすることはありませんが、目を覚ました時に一言声をかけてあげると、安心するかもしれませんね。

画質は可もなく不可もなくといった感じでしょうか。電気をつけていればカラーではっきり見えます。暗い状態でも、暗視カメラのような感じで子どもを見守るのには十分でした。

すぐ隣の部屋で寝かせているのなら、モニターはなくてもいいと思いますが、2階など離れた部屋で赤ちゃんを寝かせている場合は、絶対にあった方がいいと感じました。

【人気のベビーモニター】

それでは、人気のベビーモニターをいくつか紹介します。

①ワイヤレスベビーカメラBM-LTL2

弊社最新リニューアルモデル!納得の大容量充電池タイプ♪グッドデザイン賞&キッズデザイン賞W受賞!ワイヤレス ベビーカメラ 暗視 見守りカメラ

価格:14,982円
(2022/8/17 12:47時点)
感想(1746件)

ベビーモニターKX-HC705

パナソニック ベビーモニター KX-HC705(ホワイト)【送料無料】

価格:16,499円
(2022/8/17 12:52時点)
感想(61件)

Cubo Ai Plus スマートベビーモニター

Cubo Ai Plus スマートベビーモニター 赤ちゃん 見守りカメラ 睡眠 安全 顔認識 カバー防止 寝返り アラート 睡眠分析 危険エリア 泣き声 感知 自動フォト

価格:42,470円
(2022/9/14 16:32時点)
感想(0件)

ワイヤレスベビーカメラBM-NS01AAMS

トリビュート グッドデザイン賞&キッズデザイン賞W受賞モデル! ワイヤレスベビーカメラ (BM-NS01AAMS) オートトラッキング機能搭載ベビーモニター 2個アソート 30万画素 BM-NS01AAMS

価格:27,058円
(2022/8/17 13:09時点)
感想(0件)

REDHiLL ベビーモニター

REDHiLL ベビーモニター 見守りカメラ モニター付き 自動追跡 ワイヤレス ナイトモード scam006-wh

価格:20,239円
(2022/8/17 13:05時点)
感想(0件)

上記では③のみスマートフォンタイプです。

スマートフォンタイプは画質はかなりいいです。スクリーンショットを撮って残しておいてもいい程のレベルです。

外出先から接続できるのも便利ですよね。

ただWi-Fi設定やアプリを入れるなど初期設定に手間がかかったりします。

それ以外(①②④⑤)の専用モニタータイプは、電源を入れてすぐに使えるという手軽さがあります。

子守唄機能やタイマー機能など赤ちゃんに特化した機能が充実しているのも特徴です。

画質はスマートフォンタイプには劣るものの、見守りには十分な画質だと思います。


このサイトは「SWELL」で作成しました。

【まとめ】

今回は自分の子どもが小さかった時に使っていたベビーモニターと、人気のベビーモニターを紹介しました。

子どもとそのまま一緒に寝たり、子どもが隣の部屋で寝ているのであれば、モニターはなくてもいいかもしれません。

でも子どもが寝たあとに、残った家事をしたり、自分の時間を作ったりするのであれば、絶対に必要だと思います。

我が家で使っていた8~9年前はベビーモニターの選択肢はあまりありませんでした。

でも今は機能が充実したり、スマートフォンタイプが登場するなど、どんどん便利になっていますよね。

専用モニタータイプ、スマートフォンタイプどちらを選ぶかは、好みにもよると思います。

お家に合ったものが見つかるといいですね!

いろいろ探してみてください。

にほんブログ村 子育てブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次