苦手な食べ物でも楽しく美味しく!子どもの苦手を克服しよう!



「子どもがごはんを食べてくれない」「前までは食べていたのに…」そんなお悩みはありませんか?

まず年齢ごとのおおまかな食事の発達についてお伝えしますね。

目次

【子どもの発達】

まず【1歳くらい】は食べるのに夢中、でもすぐ食べ物であそび始めてしまったり、寝てしまったりします。食べ飽きてきたらあまり粘らず、食事を下げてしまった方がいいかもしれませんね。

年齢的に【2歳くらい】が一番食べます。ある程度1人で食べられるようになってきたからです。もう1つの理由は、まだ2つのことを同時にできないからです。食べる時は食べるだけ、しゃべる時はしゃべるだけ、といった感じです。

それが【3歳くらい】になると、少しずつ2つのことが同時にできるようになってきます。例えば食事中におしゃべりが多くなってきます。あまりお行儀はよくないですが、しゃべりながら食べられるようになってきたことは、成長の証ともいえますね。でもそれはまだ不十分で、おしゃべりの方に夢中になってしまい、この時期は食事量が落ちます。

4~5歳以降】は、食事のマナーを教えればわかる年齢でもあるので、しゃべらず食べようとする姿が見られるようになります。



【具体的にどんなことをすればいいの?】

◆大人が美味しく食べる姿を見せることは大切ですね。「大好きなお母さんお父さんが美味しそうに食べている」「私も食べてみようかな」そう思うようになってくれたらうれしいですね。でも無理強いは禁物ですよ。

◆食卓に上がらないものは食べないことが多いかもしれませんね。料理する親が嫌いで食材として使われないと、食べる機会・食材に触れる機会がないので、子どもも嫌いな場合があります。

◆保育園のような集団の中だと、友だちが食べているのを見て、食べられることもあります。でも保育園で食べたからといって、家でも食べるわけではないので、家では強制しない方がいいです。園ではがんばって食べているので、それで十分です。

◆年齢の高い子なら野菜の栄養を伝える→何のためになる栄養か効果も伝える。

(※子ども向けの栄養素の本について書いた記事があるので、そちらも読んでみて下さい⇒子どもの野菜嫌いもコレで解決!オススメの本!)

◆1~2歳くらいの子ならパックン人形がオススメ
作り方&使い方

  1. 牛乳パックに切り込みを入れてパクパク動くようにする
  2. 回りに画用紙を貼って子どもの好きな動物を作ってあげる
  3. 親がパクパク動かしながら、子どもがパックン人形に苦手なものを食べさせる
  4. 子どもが自分でも食べでみる

◆クッキングで自分で手を加えたものは喜んで食べたりします。

例えば小さい子なら、葉もの野菜をちぎる、しめじをさく、茹でたじゃがいもをビニールに入れてつぶす、お好み焼きのような生地を混ぜる、餃子の皮で野菜をトッピングして一口ピザを作るなど。

大きい子なら包丁で野菜を切るなど。

自分が手を加えたものを、お父さんお母さんが食べてくれて、しかも「おいしい」と言ってくれたら、これ以上うれしいことはありませんよね!

◆時間はかかりますが野菜を育てて収穫する。種から育てるとその変化も観察できて楽しいですよ。ほうれん草、ラディッシュ、かいわれ大根などオススメ。


【まとめ】

何でも食べてくれたらうれしいですよね。でも、あまり食べる食べないを気にしすぎず、楽しい雰囲気を作ってあげて下さい。脳は楽しかったこと・ものを『好き』とインプットすると言われています。最低限のマナーは伝えつつ、『食べる』よりも『楽しく』をこころがけてあげて下さい。そうすれば、きっと食べることが好きな子に育ってくれると思いますよ。

GoodGoodMart

にほんブログ村 子育てブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次