10/2(日)スプリンターズステークス(中山11R)予想

中山11Rスプリンターズステークスの予想です。(芝1200m・16頭立て・G1・15:40発走予定)

それでは以下にコース特徴と見解を書いていきます。




スポンサーリンク

目次

【コースの特徴】

①近3年は硬めの決着だが、ヒモ荒れになることも

②4歳馬が好成績、牝馬が優勢

③セントウルS組は前走5着以内が必須

④前走4人気以内、継続騎乗馬に注目

2コーナーを回りきって向正面に入ったところがスタート地点。

外回りコースのバックストレッチを通り、3コーナーまでの距離は250m強(仮柵位置により変わる)です。

中山競馬場の芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差があります。おむすび型の頂部分は高い位置にあり、スタート直後から4コーナーまでは、約4.4mの勾配の下り坂になっています。

最後の直線距離は310mと、ローカル競馬場並に短い。なおかつ、ゴール前には高低差約2.2mの急坂。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっています。



このサイトは「SWELL」で作成しました。

【見解】

◎9ナムラクレア

1200mは3.0.1.0と得意としている距離。短距離では常に安定して馬券内に入ってきています。鞍上も好調の浜中騎手、期待が持てます。若さと安定感でメイケイエールをしのぐのではないでしょうか。

❍12ヴェントヴォーチェ

函館SS、アイビスSDでは2人気・1人気と重賞でも支持を集めていました。前走キーンランドCでは重賞初制覇しました。重賞では常に差のない競馬をしてきていますし、勢いに乗って馬券内に食い込んでくるのではないでしょうか。

▲8ファストフォース

前走はセントウルSでメイケイエールの2着。このところ精彩を欠いていましたが、前走で地力を示しました。おそらく逃げるテイエムスパーダの後ろあたりのいい位置を取れそうです。前走のように粘り込む可能性も十分あります。

△6ナランフレグ

今年の高松宮記念勝ち馬です。前走安田記念は距離が長すぎたのもあり9着。それでも0.4差と大きく負けてはいませんでした。近走1200mではかなり安定した走りを見せていますし、短距離G1春秋連覇に期待です。

【買い目】

馬券はワイドで

9ナムラクレアから、12、8、6へ流します。

【結果】

結果は…

無 - 無 - △ でハズレでした。

◎9ナムラクレアは5着。4コーナーではかなり外を回ったので、最後は完全に脚が止まってしまいました。手ごたえが良かっただけに残念です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次