11/6(日)アルゼンチン共和国杯(東京11R)予想

東京11Rアルゼンチン共和国杯の予想です。(芝2500m・18頭立て・G2・15:35発走予定)

それでは以下にコース特徴と見解を書いていきます。




スポンサーリンク

目次

【本命・対抗】

先に本命と対抗を出しておきます。

◎6キラーアビリティ

○16ヒートオンビート

以下にその他の印と見解、買い目を書いています。

【コースの特徴】

スタート地点は正面スタンド前左の直線坂下。芝2400mのスタート地点より100m左側へ移動しただけだが、坂下からのスタート。ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。最初の1コーナーまでの距離は約450m(Aコース時)。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

①上位3人気以内が9勝

②ハンデ56㎏の馬が6勝

③3歳・4歳馬に注目

④ノーザンファーム生産馬が7勝



【見解】

◎6キラーアビリティ

今回唯一の3歳馬です。2歳時にはG1ホープフルSを勝った実力馬ですが、その後の春のクラシックはあまり振るわず。今回はダービー以来のレースとなります。ただ、皐月賞もダービーも1.0秒以内の差のない競馬をしています。3歳という若さと、鞍上がC.デムーロに替わることで新たな面が引き出されれば面白いと思います。

○16ヒートオンビート

2~5着が多いもどかしい競馬が続いています。ただ、G1天皇賞春でも4着と実力は示しています。大崩れはない反面、相手なりに走ってしまうところもありそうです。距離もコースも選ばないこの馬、今回も2~3着辺りに入ってきそうです。

▲5テーオーロイヤル

4連勝で重賞ダイヤモンドSを制して臨んだ天皇賞春はタイトルホルダーの前に敗れはしましたが、3着と力があることを示しました。好位から競馬を進められる器用さもあります。他の人気馬が中団や後ろからなので、展開的にも有利かなと思います。

△7ブレークアップ

△3ユーキャンスマイル

△18ボスジラ

スポンサーリンク




【買い目】

馬券は3連複フォーメーションでいきます。

6.16.5 - 6.16.5 - 6.16.5.7.3.18

にほんブログ村 競馬ブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次