12/10(土)中日新聞杯(中京11R)予想と買い目

中京11R中日新聞杯の予想です。(芝2000m・18頭立て・G3ハンデ・15:35発走予定)

それでは以下にコース特徴と見解を書いていきます。




スポンサーリンク

目次

【本命・対抗】

先に本命と対抗を出しておきます。

◎12バジオウ

○1キラーアビリティ

以下にその他の印と見解、買い目を書いています。

【コースの特徴】

ホームストレッチ中央から左寄り、上り坂の途中からのスタート。一回目のゴール板前を過ぎた後、グルリと一周する。1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、残り1080m地点まで続く。その後は緩やかな下り坂に入る。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線はゴール手前340m地点より240m地点にかけて高低差2.0mの急な上り坂。勾配は2.0%で、中山競馬場芝コースに次いで傾斜がきつい坂が設けられている。ラスト240mはほぼ平坦。芝コース全体の高低差は3.5m。最後の直線距離はAコース時、Bコース時ともに412.5m。

①波乱傾向が強い一戦

②3・4歳馬が中心

③前走からの斤量増は不振

④前走5人気以内で着外に敗れている馬の巻き返しに注目

【見解】

◎12バジオウ

2走前目黒記念は3人気10着、前走オクトーバーSは1人気8着と人気を裏切っていますが、着差は0.5秒差、0.6秒差と着順ほどは負けていません。重賞でも十分勝負になると思います。東京コースで3勝2着1回と左回りでも結果を出しているので、中京コースでも問題ないと思います。前走から斤量が2㎏減るのも好条件だと思います。

○1キラーアビリティ

2歳時にはG1ホープフルSを制覇している実力馬です。その後の皐月賞、ダービーでは13着、6着と結果が出せませんでしたが、どちらも着差は1.0秒差以内に踏みとどまっていました。前走アルゼンチン共和国杯では後方から追い込みましたが、スローペースに泣き8着。それでも0.5秒差まで詰め寄ったあたり、力は示していると思います。まだ成長する余地のある3歳馬に期待します。

【買い目】

馬券は◎12バジオウと○1キラーアビリティの単勝でいきます。

単勝 12.1

にほんブログ村 競馬ブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次