コーヒーのカフェインが妊婦さんに与える影響は?

妊娠中にコーヒーを飲みたいけど飲んでもいいの?

お腹の赤ちゃんに影響は…?

コーヒーは好きだけど、お腹の赤ちゃんへの影響も心配といった妊婦さんも多いと思います。

僕もコーヒーが好きで1日に3杯くらい飲んでいます。コーヒーの香りがリラックスできますよね。

ただ飲みすぎてしまうと、カフェインの取りすぎも気になるところですよね。

そこで、今回は妊婦さんへのカフェインの影響について、調べてみたいと思います。





目次

【妊婦さんはどのくらいコーヒーを飲んでもいいの?】

妊婦さんが1日にどのくらいコーヒーを飲んでもいいかということについては、国際的な基準はないそうです。WHOや各国機関では「妊婦さんの1日のコーヒー摂取量目安」が発表されています。

WHO(世界保健機構)

カフェインの胎児への影響についてはまだ確立されていないそうです。目安としては1日2~3杯にするべきとしているようです。

カナダやイギリスでは

妊婦さんへのカフェインの取り過ぎに対して注意喚起を行っているそうです。

カナダでは1日2.5杯(カフェイン300mg)程度、イギリスでは1.7杯(カフェイン200mg)程度としているということです。

こう見てみると、多くても1日1~2杯程度にしておくのがよさそうですね。

【カフェインとは?妊婦によくない理由】

カフェインは脳を刺激して、妊娠・出産に関わらず多量に摂取すると興奮、不眠、落ち着きがなくなるといった症状が出ます。

カフェインはコーヒーや栄養ドリンクだけでなく、紅茶、緑茶、ココア、チョコレート、コーラなどにも含まれています。

カフェインが妊婦さんによくない理由

妊娠中は代謝がゆっくりになるそうです。そのためカフェインの分解に時間がかかり、体内に留まったカフェインが胎盤を通して胎児へ移行してしまいます。

胎児は肝臓機能が未熟なため、カフェインが排出できず、体内に留まってしまいます。それが胎児の成長に影響を及ぼし低体重になったり、流産したりするリスクもあると言われています。

さらにカフェインは鉄分の吸収を妨げるため、妊娠中のカフェインの摂取は、妊婦さんの貧血の原因になる他、頭痛や不眠といった体の不調を招くことにもなってしまいます。

産後も授乳を通してカフェインが赤ちゃんに移行してしまいます。その結果、以下のような影響を与えることが分かっています。

  • 不機嫌になりやすい
  • 泣く回数が増える
  • 興奮して落ち着きがなくなる
  • 寝つきにくくなる

このようなことから、妊娠中、授乳中にはカフェインの摂取に気をつけないといけませんよね。



ノンカフェインで赤ちゃんも妊婦さんも安心!
ドルチボーレのオーガニックルイボスティー

【カフェインを含む代表的な飲み物】

先ほども少し書きましたが、カフェインを含む飲み物ってコーヒーだけではないんです。

以下に飲み物100mlに含まれるカフェインの量(mg)を書きました。

  • 玉露(160mg)
  • コーヒー(60mg)
  • 紅茶(30mg)
  • 煎茶(20mg)
  • ほうじ茶(20mg)
  • ウーロン茶(20mg)
  • オロナミンC(15mg)
  • ココア(14mg)
  • コーラ(10mg)
  • 栄養ドリンク(30~300mg)

このように、意外と身近な飲み物にもカフェインが含まれていることが分かりました。

コーヒーを飲まなければ大丈夫という訳ではないので、妊娠中や授乳中の方は気をつけた方がいいと思います。



【それでもコーヒーが飲みたい!】

それでもやっぱりコーヒーが飲みたいですよね?

そこでカフェインの少ないコーヒーがオススメです。

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」と言われている物です。

簡単に説明すると、

  • ノンカフェイン 一切カフェインが含まれていないもの
  • カフェインレス カフェインを90%以上取り除いたもの
  • デカフェ カフェインレスと同じ

となります。

ただ、気をつけたいところは、「カフェインレス」「デカフェ」はカフェインがゼロではないということです。ですから、たくさん飲めばカフェインの摂取も多くなってしまうんですね。

以下には、ノンカフェインの飲み物として代表的なものを紹介しておきます。

  • 麦茶
  • ハーブティー
  • ルイボスティー
  • そば茶
  • はと麦茶
  • コーン茶
  • たんぽぽ茶
  • たんぽぽコーヒー

などがあります。

カフェインレスのコーヒーとノンカフェインの飲み物を組み合わせれば、カフェインの摂取量も抑えることができるのではないでしょうか。



カフェイン除去率99.85%のデカフェ【INICコーヒー・ナイトアロマ】

【まとめ】

今回は、コーヒーのカフェインが妊婦さんに与える影響について調べてみました。

お腹の赤ちゃんと同じくらい、ママさんのリラックスも大切ですよね。

カフェインの取り過ぎには気をつけながら、ノンカフェインやカフェインレスのコーヒーをうまく使って、楽しくリラックスしてみて下さい。

にほんブログ村 子育てブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次