子どもが転んで擦り傷ができた時の手当の方法

子どもってよく転びますよね。

走っては転び、何もないところで転び…

片時も目が離せませんよね。

擦り傷は絶えないことと思います。

そこで今回は、擦り傷の対処方法について書いていきたいと思います。




目次

【擦り傷の手当の方法】

基本的な処置方法は、

①水道水で洗って汚れを落とす

脱脂綿などで拭くと、かえって傷口を痛めたりする可能性もあるそうです。多少出血しても流水で傷口を充分に洗い流します。小石や砂など、異物をしっかり取り除くことが大切です。

この時、消毒液は使いません。消毒をしない理由は、皮膚にもともと生息している常在菌の力を利用するためです。常在菌には、傷口を化膿させる「化膿菌」の増殖を防ぐ力があります。消毒をしないせいで傷が悪化するということはないそうです。

※水で洗うとこんな効果も…

擦り傷は、じわじわとした出血があります。大量に出血することはあまりありませんが、痛みは強いです。水で洗う処置には患部を冷やして痛みを和らげる効果も期待できます

②出血していれば止血する

出血していたらガーゼ、または濡れたティッシュで圧迫して止血します。乾いたティッシュで押さえると、キズにティッシュがくっついてしまいます。血が少しにじむ程度なら止血の必要はありません。

③ばんそうこうを貼る

ばんそうこうを貼り、傷はなるべく乾かさないようにするのがポイントです。傷口から出る浸出液は、膿(うみ)ではありません。治癒を促してくれるものです。傷を治すための体の反応なので、乾かさないようにしてください。

1~3日程度で貼り替え、様子を見ます。かさぶたができてきたら、ばんそうこうは外してかまいません。

以前は、洗う処置よりも消毒液を付け、さらに傷薬などをつけて…というのが常識でしたが、それではかえって治りが遅くなり、傷跡も残りやすいことがわかってきました

※こんな時は病院へ

擦り傷は特に跡が残りやすいケガですので、傷口を水で洗っても、砂や小石が傷口に入り込んで取れないような場合には、病院を受診して取ってもらいましょう。

【オススメのばんそうこう】

僕が実際に使ってみて、オススメのばんそうこうを2つ紹介します。あくまでも僕個人の感想です。

☆キズパワーパッド

圧倒的にキズを治す力があると思います。しっかり密着して乾燥を防ぐ、浸出液を保つ、かさぶたのかわりにもなり、傷痕が残りにくく治りも早いように感じます。膝には大きめサイズがおすすめです。

☆ケアリーヴ

キズパワーパッド程の治癒力はありませんが、フィット感が好きです。ばんそうこう自体がとても柔らかいので巻きやすく、キズに当たっても痛くないです。

【子どもが転びやすい理由】

あそんでいるとき、じゃれついているとき、子どもはまだ力の加減がわからないので、室内、屋外問わず、よく転んだりします。

走っていて転び、膝やひじを擦りむくことは日常茶飯事です。時には顔から先に地面に落ちて、顔を大きく擦りむくこともあります。子どもは頭の重量比率が多いので、顔から転ぶことが多いんです。

特に、家の外に散歩に出かけるときなどは、子どももうれしくて急に走りだすことがあります。子どもは転びやすいということを念頭に置いて目配りするようにしてあげて下さい。

【あると安心「救急用品」】

お家に1つ救急箱を置いておくと、子どもの突然の怪我にも安心です。

  • ばんそうこう
  • 消毒液
  • 滅菌ガーゼ
  • 滅菌手袋
  • 包帯
  • サージカルテープ
  • ハサミ
  • 毛抜き、ピンセット
  • 虫刺され用塗り薬
  • 綿棒
  • 体温計
  • 風邪薬
  • 冷却シート

など、入れておくと便利かと思います。

【まとめ】

子どもに怪我はつきものですよね。

子育てをしていて、転んでの擦り傷は一番多いかもしれませんね。

怪我をしてしまった時に、子どもが少しでも楽になり、早くよくなるように参考にしてみてください。

にほんブログ村 子育てブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次