ストローマグいつから、どう使う?おすすめのストローマグも紹介

赤ちゃんのストローマグはいつから使い始めたらいいの?
練習は必要なの?
いろいろな疑問があると思います。

今回は、ストローマグの使い始めの時期や練習方法、おすすめのストローマグについてなど調べてみました。




スポンサーリンク

目次

【ストローマグを使い始める時期】

ストローマグを使い始める時期に決まりはありませんが、あまり早い時期に使うと舌や口の機能が未熟でうまく使いこなせません。目安として離乳食が始まる生後5~6ヶ月頃に用意しておくといいと思います。

ですが、個人差もありますので、赤ちゃんの成長のペースに合わせて練習していくといいと思います。

生後5~6ヶ月ごろは、吸う力がまだ弱いのでスパウトタイプがおすすめです。
ストローを吸う力が強くなってくるのは、だいたい生後8ヶ月ごろと言われています。
スパウトタイプからストロータイプに徐々に移行していく形が一般的でしょうか。

【どのように練習したらいいの?】

最初はほとんどの赤ちゃんはストローマグを使いこなせません。大人のサポートと練習が必要です。

①まずはスパウトマグに慣れる
哺乳瓶の飲み口に似ているので、赤ちゃんも抵抗感か少なく使うことができます。吸う力が弱くても、傾けることで中身が出てきますし、吸うことと、傾けると飲み物が出てくることを感じることができます。

②ストローに慣れる
ストローはシリコン製のものが安全です。手に持たせたり、口にくわえさせたりしてみると、赤ちゃんがストローを噛んだり吸ったりすると思います。
その時にストローの先に少しだけ飲み物をつけておいてあげると、吸った時に飲み物が口の中に入り、吸えば飲めるという感覚を身につけることができます。

③ママやパパがストローで飲む様子を見せる
親がストローを使っていると赤ちゃんも興味を持って見ます。それを赤ちゃんが真似をすることで、ストローに慣れさせることができます。この時透明のストローを使えば、吸うと飲み物が口まで届く様子を理解しやすくなります。

④紙パック飲料を与える
ストローの練習には紙パック飲料がおすすめです。赤ちゃんがストローを加えたらパックの側面を軽く押してあげると、飲み物が出てくるので、「ストローを使って飲む」ということを理解しやすくなります。
もし赤ちゃんが嫌がるようなら無理には続けず、日を改めることが大切です。無理強いするとストロー自体を拒否してしまうかもしれません。

⑤ストローマグを使ってみる
赤ちゃんがストローを吸えば、飲み物が出てくるということを理解出来たら、ストローマグを使ってみましょう。初めは吸う力が弱いかもしれませんが、くり返していくうちに上手になっていくと思います。

スポンサーリンク


【おすすめのストローマグ】

リッチェル アクリア コップでマグストロー

コンビ ラクマグ 漏れないストロー

サーモス 真空断熱ベビーストローマグ

リッチェル トライストローレッスンマグ

サーモス ベビーストローマグ

ALICE ストローマグ ストロー



【まとめ】

今回は、ストローマグの使い始めの時期や練習方法、おすすめのストローマグについてなど調べてみました。

ストローマグは絶対に使わないといけないものではありませんが、使えるようになると、食事の時や外出の時にとても便利です。
赤ちゃんに無理のないように進めていってあげて下さい。


にほんブログ村 子育てブログへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次